公式BLOG

スノーボードを通じて豊かな「未来」を創造する!

私たちはキッズ・ジュニア(子ども)世代から、一年を通して本格的なスロープスタイル(SS)・ビッグエア(BA)・
ハーフパイプ(HP)・スノーボードクロス(SBX)のトレーニング(レッスン・スクール・キャンプ・合宿・練習会)を行い、
日本を代表するトップアスリートを目指すスノーボードチーム(クラブ)です。

NEWS&TOPICS
2020/10/01
開志国際高校
2020/06/10
トレーニングの再開について
2020/05/08
『川上蒼斗』NST(新潟ローカル
2020/04/08
臨時休講のお知らせ
2020/04/01
2020トレーニング予定表

チーム理念

スノーボードを通じて
豊かな「未来」を創造する!

スノーボードは、常に変化する自然環境に自らが対応し、また瞬時に判断・動作しなければなりません。
時にはタフな状況でも自らが考え、自らが動く。
スノーボードを通じて培った経験は、他では代用ができない経験です。
この貴重な経験は、無限の可能性に満ちた「未来」を創造します!

アスリート育成パスウェイ

「アスリート育成パスウェイ」とは?

競技開始からメダル獲得の潜在力を有するアスリートまでの育成の道筋のことです。
(日本スポーツ振興センターより)

アスリート育成パスウェイとは、まず「夢」を見ることがスタートです!
オールアルビレックス・スノーボードアカデミーでは、この「アスリート育成パスウェイ」の考えのもと、
選手個々の「夢」を話し合い、その「夢」の実現のために、何歳の時に?どこで?誰に?どのような方法で?などを、、
段階的に具体的に設定しながら進めていきます。
もちろん学業も疎かにはしません。私達は「文武両道」がベースです。
私達のグループ(NSGグループ)には、「全日制高校」、「4年制大学」、「専門学校」があります。

コーチ紹介

  • 山崎 聡

    監督  山崎 聡


    県内でのキッズ・ジュニアスノーボーダー育成のパイオニア。現在までに約2,000名を超えるスノーボーダーを指導。豊富な経験と確かな技術で、オリンピックを目指すアスリートの強化やウィンタースポーツの活性化にも尽力している。

    【 実績 】
    開志国際高校スノーボード部コーチ、アップルスポーツカレッジ講師、新潟県スキー連盟理事、スノーボード部長、SAJ HPチーム外部コーチ、SAJスノーボードコーチ、SAJスノーボード指導員、SAJスノーボード審判員

  • 関 貴英

    スペシャルコーチ  関 貴英

    [ 所属 ]チームアルビレックス新潟

    選手の他にも指導者としての実績もあり、プロスノーボーダー50名以上を輩出している。

    【 実績 】
    全日本学生選手権2連覇、2015年 AIRMIX3位入賞

  • 藤森 由香

    スペシャルコーチ  藤森 由香

    [ 所属 ]チームアルビレックス新潟

    SBX、SS、BAの3種目で、冬季オリンピック4大会連続で出場。

    【 実績 】
    トリノオリンピック代表 7位(06')、バンクーバーオリンピック代表(10')、オーストリア ワールドカップ初戦3位(11')、全日本選手権 優勝(12' 13')、WINTER X GAMES 4位(14')、ソチオリンピック代表(14')ワールドカップランキング4位(13-14')、世界選手権 11位(15')

  • 滝沢 光

    コーチ  滝沢 光


    全日本ウィンタースポーツ専門学校で講師を務めながら、自らも大会に出場している「プレイングコーチ」。

    【 実績 】
    新潟県スキー連盟スノーボード部強化委員長、全日本ウィンタースポーツ専門学校 講師、第28回JSBA中部地区大会スロープスタイル 優勝、南郷ハーフパイプチャレンジカップ 優勝、第23回全日本学生選手権大会ハーフパイプ&スロープスタイル W優勝、FISスロープスタイル尾瀬戸倉カップ 6位、スノーウェーブビッグエア 2位(15’)

  • 大友 秀樹

    コーチ  大友 秀樹


    元警察官という異色な経歴を持つプロスノーボーダー。パワフルでインパクトのあるライディングが魅力。

    【 実績 】
    新潟県スキー連盟スノーボード部コーチ、AGO Cup 優勝(14’)、全日本選手権スロープスタイル 10位(14’)

  • 飯野 翔輝

    コーチ  飯野 翔輝

    [ 所属 ]チームアルビレックス新潟

    チームアルビレックス新潟
    プロ歴15年で、現在もスノーボードクロスの第一線で活躍する「プレイングコーチ」。

    【 実績 】
    元ナショナルチーム、新潟県スキー連盟スノーボード部技術委員長、SAJスノーボードコーチ、PSA副会長、スノーボードクロス専門部長、CSBAスノーボードクロス委員長、TB Inc Cup 2位(16’-17’)等多数

トレーニング会場

「環境が人を育てる」と言われるように、スキルアップを図るには、環境による影響が大きなウエイトを占めます。
当チームのトレーニング環境は、国内最大級の「モンスターパイプ」をはじめ、ジャンプトリックの練習に有効な
トランポリン施設を有する南魚沼市と提携することで、スノーボードに効果的なトレーニングを可能にしています。

石打丸山スキー場(新潟県)

全日本スノーボード選手権が開催される、国内最大級のハーフパイプ「モンスターパイプ」と、スノーパークを使用したトレーニングを行います。

石打丸山スキー場

青森スプリング・スキーリゾート(青森県)

スノーボードナショナルチームがトレーニングする国内強化拠点でもあるスキー場。USAチームやオリンピアンもトレーニングしている環境で合宿を行います。

青森スプリング・スキーリゾート

村上バグジャンプ(新潟県)

オリンピアンやトップアスリートがトレーニングで使用する「エアーマット」のジャンプ練習施設です。

村上バグジャンプ

カムイみさか 室内ハーフパイプ(山梨県)

オフシーズンも雪上でトレーニングできる室内ハーフパイプで合宿を行います。

カムイみさか 室内ハーフパイプ

南魚沼市トレーニングセンター(新潟県)

石打丸山スキー場の麓にある「トランポリン」、「ボルタリング」、「トレーニングマシン」、「ウエイトトレーニング」を備えた総合トレーニング施設。

南魚沼市トレーニングセンター

キャンプ(合宿)

メインでトレーニングを行う会場の石打丸山スキー場麓に、当チーム専用の合宿所(宿舎)があります。
専用の宿舎を有することにより、連続的に専門的なトレーニングが可能となり、経済面でも安心です。
妙高エリア合宿時は、グループの全日本ウィンタースポーツ専門学校に隣接する学生寮を利用します。

アスリートヴィレッジ南魚沼

全日本ウィンタースポーツ専門学校 学生寮

アスリートヴィレッジ南魚沼

アスリート紹介

当チームからは、2名の選手が日本代表(現ナショナルチーム)に選出され、
2022年北京オリンピックでの入賞を目標に、今も世界を舞台に活躍しています!

  • 山崎 聡

    川上 蒼斗
    KAWAKAMI AOTO
    2004年7月12日 15歳

    PSA PRO SNOWBOARDER
    (公財)全日本スキー連盟 ナショナルチーム
    Division4 SB-SSBA 強化指定U-18
    (公財)新潟県スキー連盟 強化指定A

    SPONSOR

    NOBADAY

    18-19リザルト

    FIS Junior Snowboard World Championships 2019 Big Air 2位

    2019 FIS SnowBoard Big Air 尾瀬戸倉カップ 2位

    2019 FIS Japan Open Hanazono Cup 4位

    17-18リザルト

    FIS Junior Snowboard World Championships 2018 SlopeStyle (U16)1位

    2018 FIS SnowBoard SlopeStyle 尾瀬戸倉カップ 6位

    2018 FIS全日本スキー選手権大会スノーボード競技

    スロープスタイル種目 尾瀬戸倉大会 3位

    第36回全日本選手権大会 SS 優勝

    第36回全日本選手権大会 SJ 優勝

  • 関 貴英

    佐藤 聖悟
    SATO SEIGO
    2002年12月24日 16歳

    PSA PRO SNOWBOARDER
    (公財)全日本スキー連盟 ナショナルチーム
    Division3 SB-SBX 強化指定U-25
    (公財)新潟県スキー連盟 強化指定A

    SPONSOR

    Allian/Quiksilver japan/Fluxbinding/Giro japan/Dominatorwax

    Shredprotect/Bonx/ムラサキスポーツ新潟

    18-19リザルト

    2018/9/4-5
    FIS Australia&New Zealand Cup best 32、16

    2018/11/28-29
    FIS European Cup 出場

    2018/12/2
    FIS Junior Race 32位

    2019/2/1-2
    KSBA クロスフェスタin たかつえ G1 1位/G2 2位

    2019/2/9-11
    CSBA 中部地区大会 1位/クロスフェスタin牧野入 1位

    2019/2/23-24
    FOLLOWS CUP G1 1位/KSBA 関東地区大会 1位

    2019/3/9-10
    SAJ全日本 13位/FIS ジュネスカップin秋田 9位

    2019/3/15-16
    FIS 鹿島槍 1戦目 4位/2戦目 6位

    2019/4/1
    JUNIOR WORLD CUP オーストリア Reiteralm
    日本代表として派遣出場

    2019/4/28
    シャルマンバンクドスラローム 3位

入会について

会員区分

入会については活動内容と目的の違いから2区分より選択できます。

※横にスクロールします。

アカデミー会員 一般会員
チーム登録(SAJ・JSBA)・競技者登録
情報の共有
技術・トレーニング・生活の指導と管理 ×
練習・合宿・遠征への参加 ×
合宿所の利用 ×
助成金・補助金・スポンサーへの推薦 ×
リフト券等の優遇 ×
会員の兄弟(姉妹)優遇 ×
年会費(税別) 33,000円 5,500円

指導料金・合宿料金

指導・管理費:1セッション3,000円、1日5,000円(税別)
合宿・遠征費:※都度設定

年会費

アカデミー会員の兄弟(姉妹)会員は年会費無料

入会

①セレクションによる入会
②会員、またはコーチからの紹介による入会

入会等に関するご希望、ご質問は、
お電話(025-201-7779)または、ご本人様氏名 (仮名)、生年月日、住所、電話番号を記載の上、"スノーボード問い合わせ"と添えて、こちらのメールアドレス(info@all-albirex.or.jp)にご送信ください。